読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系OLの視点

交際1年半のカナダ人と、現在同棲生活半年目。国際恋愛のコツ/外資系OLの仕事術/旅情報/日々の気づきなど、のびのび更新中。

【食】ビール党がだんだんワインと仲良くなるプロセス

ワイン

「昼からビール」の響きに目がない

というぐらいには、お酒が好きです。

と言っても年がら年中昼から飲んでるわけではなく(それはもはやアル中)、例えば国内外問わず旅先で昼から地ビールを飲むのとか至高の幸せです。

あとは、最近は週末ランチでランチワインを頼むことが多くなりました。

シャンパンはキラキラした女子会やゴージャスランチの時に飲みたいものですが、ランチワインはちょっとした洋食屋さんやカフェランチでも気軽に大人の週末気分を盛り上げてくれます。

 

ある日のブランチ

週末は、土曜は出掛けて友達と会ったり買い物したりアクティブに過ごし、日曜は朝寝坊してブランチと家事を済ませた後、まったり午後を過ごすことが多いです。

そんなある日曜日のブランチは、viandes froides (cold meat) 。

f:id:lifeisajanico:20170219135637j:plain

ヨーロッパ(特にイタリアなど)方面の典型的な食事の一種で、

  • バゲット
  • チーズ
  • 生ハム
  • サラミ
  • ワイン

などを用意して、自由に取って食べるスタイル。この時は、コッパ(豚肩ロースのスライス)やパテもあり、豪華な方です。フォークなども使わずに食べるのも一般的なので、準備や片付けも楽々!

で、この写真に写っていないのですが、我が家のcold meat mealで絶対欠かせないのがこちら。

 

[冷蔵] ブルサン ガーリック&ハーブ 100g

[冷蔵] ブルサン ガーリック&ハーブ 100g

 

ブルサンというチーズです。いくつかフレーバーがあるのですが、このガーリック&ハーブが推しメン中の推しメン。

少し大きいスーパーやおしゃれスーパーには大体置いてあるようですし、無ければカルディに行けば高確率であると思います。

彼に教えてもらうまで存在を知らなかったのですが、もっと早く出会っていれば私の生涯アルコール摂取量は大きく跳ね上がっていたと思います。それぐらい、いろんなお酒に合う。ワインなら赤でも白でも、インポートビールでもアサヒでもキリンでもいけるし、ハイボールやロックで飲むお酒でも。つまり、天才的な味付けということです。

リッツなどのクラッカーに乗せても、簡単&美味しいおやつ兼おつまみの出来上がり。

お酒好きなら是非一度お試しあれ。

 

お酒と友達になろう

以前は週に2, 3回、仕事で目標を達成した時 or ストレスが溜まった時にプシューと缶ビールを開けて晩酌するのが家での飲み方でした。

彼と一緒に住むようになってからは、毎晩(&上記のように週末は昼から)ワインを飲むようになり、飲む頻度と量は増えたかも知れませんが、精神衛生上はずっと向上したと感じています。

良くも悪くも「何かあった時に」飲むものではなく、気心の知れた友達のように寄り添ってくれる存在に。

お酒の失敗は数知れずありますが(本当に笑えないレベルのもの含む)、この年になってやっと、そんな飲み方をしなくても済むようなお酒との付き合い方が分かってきました。

これからもつかず離れず、いい関係を保っていきたいです :)

 

ワインに関してはこちらの記事もどうぞ↓

lifeisajanico.hatenadiary.jp

  

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村