読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系OLの眼鏡

交際2年のカナダ人と、現在同棲生活1年目で婚約中。国際恋愛のコツ/外資系OLの仕事術/旅情報/日々の気づきなど、のびのび更新中。

【映画】『美女と野獣』を観た正直な感想

 

実を言うと

特にディズニーファンではなかったりするのですが、なぜか『シンデレラ』や『アリス・イン・ワンダーランド』など、最近の実写化されたディズニー映画は一通り目を通している私。

おそらく、長い時を経て淘汰されてきたこれら物語がそれだけ、お話として魅力的なんだろうなぁと想像します。またゆえに、原作やアニメ版と比較してではなく、純粋にいち物語・映画として新鮮な気持ちで毎回拝見しています。

 

観てきました!

f:id:lifeisajanico:20170507104557j:plain

 

そんなわけで、今回ディズニーアニメでも熱狂的なファンが多い(確かに自分の周りでもそう感じる)『美女と野獣』の実写版映画も何となく気になる程度の感じで、特に期待も身構えもなくフラットな心境で観に行きました。

あえて言えば、名曲『Beauty and the Beast』が頭の中をぐるぐる廻り始めたので、あっ観に行こう。と思ったぐらい。笑

そんなスタンスですが、以下レビューです。

 

※ややネタバレ気味ですので、これから観賞予定の方は是非ご鑑賞後に!

 

 

 

 

王子様を待つエマ・ワトソン 

まず、キャスティングに関しては特に異論なし。各種レビューではエマがハマり役 vs なんか思ってたベルと違う…の両派が散見されますが、アニメ版に特にこだわりのない私としては「知的で凛とした優しさ」をエマ以上に演じられる女優さんが他に思い当たりません。別物として観た方が良いかも。

他のキャストも、それぞれ持ち味が出ていて良かった。ユアン・マクレガーはエンドロールを観るまで気付かなかった(『TRAIN SPOTTING』から何となく好きな俳優さん)!ガストン、男前ですが嫌なやっちゃな〜。

ただストーリー性で言えば、アナ雪やモアナを観た時に感じたパラダイムシフト=現代のプリンセス像は感じられませんでした。まぁ古典である原作に忠実に作っているのだから当たり前なんですが。「進歩的で村人たちから変わり者扱いされている、知的で勇敢な」ベル=エマ・ワトソンが♪王子様はまだかしら〜と歌っているところは、あらら前時代のプリンセスに逆戻りね、とズッコケてしまった感は否めない。繰り返しますが、当たり前なんですけどね。

lifeisajanico.hatenadiary.jp

 

商業的なニオイ…

ネガティブなコメントついでにもう一点追加すると、この作品に限らず、ここ最近の映画が「3Dの3Dによる3Dのための」映画作りになっていることをまざまざと見せつけられたのが『Be Our Guest』のシーン。燭台のルミエールがベルに晩餐会のおもてなしをするところです。

これ、完全に3D/4Dのために作られたシーンだよね…2D字幕で観ている分には、もうキラキラしてグルグルしてなんか(画像が)近いし疲れるわ〜…という感想です orz

4Dで観た人のレビューで「正直ディズニーのフィルハーマジックの方が良かった」というのを見て、ちょっとウケました…笑。じゃぁもうディズニーでいいやん。映画そんな無理せんでいいやん。。

しかし、4D IMAXの上映回は軒並み満席になっているところを見ると、儲かってまんな〜ということなんですね。以上、商業的なニオイを感じずにはいられない点でした(´∀`; )

 

その他:良い意味でサプライズのない、間違いない作品

上記を除いては、起承転結のすべてが分かっていても心から入り込める良作でした。

一部、同性愛やら人種多様性の描き方がどうのこうの言われているようですが、その辺は気にしすぎずに鑑賞すれば、子供から大人までしっかり楽しめます。

今回の鑑賞のきっかけとなりましたが、本作の最大のcharm(魅力)はやはり音楽ですね。こちらもかなり原作に忠実+映画オリジナルも数曲入っていて、アニメファンの評価も高いようです。是非お楽しみにして、劇場でご覧になってみて下さいね。

 

GWもラスト一日!皆さんはどのように過ごされますか? :)

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村