外資系OLの眼鏡

交際2年のカナダ人と、現在同棲生活1年目で婚約中。国際恋愛のコツ/外資系OLの仕事術/旅情報/日々の気づきなど、のびのび更新中。

【美容】外資系OLのご自愛術【AROMATHERAPY ASSOCIATES】

 

気づいたら

1週間ほど更新が空いてしまいました!!

というのも、今週はガラにもなく忙しかった…

というか漸増的に忙しくなっている気がして、大丈夫かな?という思いと自分こんなに要領悪かったっけ!?っていう仕事面の悩みが、疲労に拍車を掛けたように思います。。

効率的に仕事を終わらせよう!という創意工夫がもはや追い付かなくなる位には、業務量が増えてきました。仕事にメンタルやられるなんてまっぴらなので、ヤバい!と思ったら全力で逃げますが、まだいけまっせ。

 

▶︎関連記事

lifeisajanico.hatenadiary.jp 

lifeisajanico.hatenadiary.jp

続きを読む

【人生】CAから聞いたちょっとえぇ話

 

今週末は、ちょいと用事があって実家に帰ってました。ほんと最近実家方面に帰りすぎで、いい感じです。

lifeisajanico.hatenadiary.jp

lifeisajanico.hatenadiary.jp
旅ついでに、飛行機に乗る度に思い出す話をシェアさせて下さい。

 

CAの友達がいます

高校時代から、その美貌に加えて聡明で努力家。
そんな彼女が昔からの夢を叶えて世界を飛び回り、キラキラした日常を送っていることは当然以外の何物でもないと、第三者から見ても思います。
他にもミス某など数々のキラキラ要素ホルダーではありますが、(上品な)関西人である彼女。
「なんかほんますごいなー」と言うと「だってあれだけやったもん」とさらっと言って努力の跡を隠さないところも好き。

続きを読む

【同棲】二人の関係に影を落とすアレ

 

危機です。

 

私たち、もうダメかも知れない。

 

なぜなら、アレによって二人の価値観の違いだったり妥協点の違いが浮き彫りになってきたから。

 

 

そう、それは

 

 

 

続きを読む

【お出かけ】思い出の東京大神宮へ【神前式】

 

先日東京大神宮に行ってきました。

というのは、私(たち)にとって大切な場所だから。 

lifeisajanico.hatenadiary.jp

↑こちらにも書きましたが、願い文という神様へのお手紙に理想の人&生活を書いてお願いをしたすぐ後に彼と出会ったことから、折に触れて御礼参りに行っているのです。

そして今回行った理由はもう一つ。結婚式の検討をするためです。 

続きを読む

【仕事】心配は時に暴力的だ

 

大丈夫?

よく聞かれます。実によく聞かれます。笑

思うに世の中にはある点で二種類の人間がいて、

  1. なんか知らんけど大丈夫かな?と放っとけない人
  2. なんか知らんけどあいつは大丈夫やろーと思われる人

に分かれると思います。で、私は1. なようです。

「放っとけない」って、20代前半ぐらいまでは異性に言われたら嬉しい言葉かもですが(というか私が男の先輩に言われてちょい嬉しかった反面、うっすら下心も感じた…w)少なくとも仕事においては「あいつは大丈夫そう!」っていう評価の方が良いと思っちゃいます。

続きを読む

【お出かけ】六本木でカリフォルニアワインを

  

lifeisajanico.hatenadiary.jp

 

ごはん屋さん記事連投ですが、今回も最後にごちゃごちゃ考察を加えているので読んでー笑

 

学生時代の友人と

いま関東におるん?何してるん?!久々会おうや!という、お上りさんあるあるなノリで再会することになった、彼女。

学生時代は、取っていた学科の授業が一緒だったりお互い専門課程を取っていたりで、主にキャンパスで顔を合わせることが多かったのですが、そんな中でも話が合うなぁと感じていました。

そんな彼女だったから予想はしていましたが、会った瞬間卒業後のブランクをすっ飛ばして、昨日会った続きかのように近況報告や仕事・恋愛の話、将来のこと、四方山話に花が咲きました!

続きを読む

【お出かけ】新宿ランチにおすすめのイタリアン

 

何にも予定のない土曜日

週末は風邪っ引きでした。

土曜日はちょうど予定もなく、彼もお仕事だったので、久々に休日一人でゆーっくり静養しました。

「何にも予定のない土曜日」って、なんだか余裕ある響きで素敵。「予定のない雨の日」も同じ理由で好きです。

 

わくわく日曜日

週末まるまる空いている、というのももちろん良いのだけれど。

この日曜日は、お世話になっているお姉さん的な方と久々にお食事の予定でした :)

お陰様で体調も良くなってきたところで、向かったのは新宿。

お目当ては新宿御苑ほど近く、新緑が眩しい庭園に…はそこそこに視線を遣りながら辿り着いたのは、イタリアンレストラン『イル・バッティ・クオーレ』さんです。

続きを読む